2008年08月01日

7.31:ネイティブ岩魚を求めて3

ネイティブ岩魚の住む瀬今回も懲りずにネイティブ狙いで、放流、放卵されていない流れに行って来ました。

流石に溪魚は少なく、溪魚が少ないので当然反応も少なく、チャンスを逃すと痛い目を見ます。
こう言う溪魚の少ない川では少ないチャンスを確実に物にしないとダメだと思います。

今回、朝5:30から午後4:00まで釣上がり、溪魚の反応が有ったのは・・・確か7回だけです。

今年からウェーダーの保護の為に、膝下まであるネオプレーンのゲーターを履いているのですが、これはNGです!!
ゲーターを履いた部分だけ透湿性が損なわれ、膝から下は汗が乾かず、脹ら脛がアセモのように赤くただれて、痒くて痒くて。

前回も釣行後2〜3日痒くいて我慢出来なかったのです。肌の弱い方にはNGだと思います。
今回限りゲーターは止めようと思っています、ウェーダーより痒さは我慢出来ません。(^_^;)

Photo:7.31: ネイティブイワナを求めて3


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 16:31 | Comment(7) | TrackBack(0) | 2008年釣行
この記事へのコメント
こんばんわ、
 
ウェーダーの上にゲーターでは・・・・
藪こぎの保護にはなりますが、蒸れそうです。
  
私の場合、スーパーマンタイツに速乾パンツ
そして、“ウェットゲーター”で、
  
最初から、濡れても良い装備です
暑くなったら、渓の水に浸かっちゃいます。
  
欠点は、素足なので絶えず
“グジュグジュ”な感じで歩く事でしょうかね。
  
Posted by メタボおやじ at 2008年08月01日 23:03
こんばんは。
ようやく落ち着いて着ました。

ネイティブ岩魚。。。宝石のよう。。。
私もそんな川に行ってみたいです。

先日のサポートタイツ?はどうでしたか?
Posted by ジョニー at 2008年08月01日 23:16
メタボおやじさん
そうなんですよ!蒸れちゃってダメです。(>_<)
メタボおやじさんの仰る格好は良いとは思うのですが・・・パンツまでびしょ濡れですよね?
全部着替えて帰るのも面倒だし・・・
Posted by tiptop at 2008年08月02日 00:03
ジョニーさん

機会があればご一緒しましょう!

サポートタイツは最高です!もう手放せません!
Posted by tiptop at 2008年08月02日 00:05
こんばんは。
「ネイティブイワナ」是非釣ってみたいです。
ある方のBlogには、めずらしい無斑の「イワナ」(ネイティブのようです)が釣れたといって画像が載っておりました。
色々種類があるんですね〜。

次回の釣行記も楽しみにしております。ヽ(´ー`)ノ
Posted by パグ支配人 at 2008年08月04日 22:55
パグ支配人さん
どうなんでしょうね〜?
ネイティブと言う定義にもよりますよね?
私は一切、放流、放卵していない所で世代交代している溪魚を「ネイティブ」と呼んでいるつもりなのですが、模様で「ネイティブ」が分かるのかは知りません。

ちなみに、お腹が黄色いものがネイティブと言われますが、それは虫などを食べて育つとお腹が黄色くなると言う事からだと思います。
Posted by tiptop at 2008年08月05日 01:02
パグ支配人さん
どうなんでしょうね〜?
ネイティブと言う定義にもよりますよね?
私は一切、放流、放卵していない所で世代交代している溪魚を「ネイティブ」と呼んでいるつもりなのですが、模様で「ネイティブ」が分かるのかは知りません。

ちなみに、お腹が黄色いものがネイティブと言われますが、それは虫などを食べて育つとお腹が黄色くなると言う事からだと思います。
しかし、「ネイティブ岩魚を求めて1」の溪魚を見るとそれも違うような気がしますよね?

結局は個体差ですかね?
Posted by tiptop at 2008年08月05日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103998218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック