2010年08月08日

リールシート交換

reelseat.jpg暇に任せてSAGEのリールシートを交換しました。
オリジナルはリング・アンド・ポケットが付いていたのですがフィラー材が余り良い物ではなく、現在の物に交換してあったのです。

年月が経つと好みも代わり、現在のスクリュー式が気に入らず、今回またリング・アンド・ポケットへ戻した訳で。
勿論フィラー材は元来の物と違います。

新しいロッドではないので・・・我が家に余っていたリールシートと交換しました。

ロッドは昔使っていたSAGE 279LLと言う7'9" #2のロッドです。
最近一番気に入っていたWinston Boron 2t 7'6" #3が壊れて、現在修理に出してあるので、臨時に使用しています。

他にも色々ロッドは有るのですが・・・・Winstonの前に使用していた何本かは気に入らず、このSAGEが登場した訳ですが、2ピースロッドてっ扱い辛いですね〜っ!久しぶりに使うと長くて車には積みにくいし、4ピース等を使い慣れていると結構邪魔くさいです。

ちなみに、リースシートの部分だけお湯に入れてジックリ茹でてしまえば、案外簡単に外す事が出来ます。
この時くれぐれもネジッテは駄目で、真っ直ぐ引かないとロッドが折れてします。
あっそうそう、シマノのSCLのリールシートは外すのが大変でした。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 12:07 | Comment(6) | TrackBack(0) | ハンドクラフト
この記事へのコメント
こんばんは^^
私のもリングが多いのですけど、自作ということもあって手持ちのリールによってはぐらつく物もあって。釣りして落として傷だらけなんでことが良くあります。(苦笑)
久しぶりにラミグラスのロッドを比較で為渋りしたら、きちんとロック出来るのは安心できるなぁーと思っていました。でも私もしんぷるなリングの方が好きです。

さてリールシートってお湯で煮てしまえば結構とれるもんなんですね。市販のものを交換したことないので勉強になりました。覚えておこうと思います。
Posted by ジョニー at 2010年08月09日 23:30
市販品でも物に依ってリールが落ちてしまう事もありますよね。
このロッドも、キャスティングを繰り返すとネジが緩んで、リールがガタガタしてきました。

エポキシは熱に弱く、熱を加えると接着力が落ちる様です。トップガイドを取る時熱しますよね。
Posted by tiptop at 2010年08月10日 14:22
リールのロック方法ですが、私はどうしてもアップロックスクリューでなければNGです。

ダウンロックだと重心が下になり過ぎてキャスティングがうまく出来ないんですよね〜。

実は1本ダウンロックタイプのロッドを持っているのですが、やはり出番は少ないです。(´□`。)
Posted by パグ支配人 at 2010年08月11日 21:48
こんにちは

おぉ〜懐かしのLLシリーズじゃないですかぁ〜
昔LLニッポンを愛用してましたよ

実は小生初SAGEだったものですから
使わなくなった今でも処分できずにいます

パワーあふれるロッドだったので、よ〜く
アワセ切れしたなぁ〜
アワセ切れがいやだったのでより軽いラインへと
走り始めた分岐点的ロッドでもあります
Posted by SAGE愛好会 at 2010年08月12日 12:10
パグ支配人さん
私は、どうもスクリュー式だと使っている間に緩んで来るのです。
リングの方が緩まないのです。
Posted by tiptop at 2010年08月12日 16:49
SAGE愛好会さん
久しぶりに使ってみるとLLはパワー有りますね!
SAGE愛好会さんにSAGEの話をしても、釈迦に説法ですね!(^_^;)

此から時々279LLを使うつもりです。
Posted by tiptop at 2010年08月12日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。