2014年05月09日

5月8日の釣行

my_photo-007.jpgこの日は先行者は居ないと思うのですが、前回と同じように下流部は全く魚の反応は無く、5:30頃から魚の走る姿さえ見ないで10時です。
流石に何も無しで10時ですから、嫌になりそろそろ帰ろうかとも考えたのです。
しかし、退渓しても時間が半端に成るし、前回の事もあるので、退渓を我慢しての釣行でした。

去年までと違い、何時に帰ろうと”高速料金”は同じですし!(^^;)


my_photo-004.jpg結果的には前回と同じように、上流には渓魚が居て、10匹ほど釣れたのです。
誰も同じように、余り渓魚が居ないので途中で退渓してしまうのか?それで上流だけ魚が残って居るのでしょうか?

10匹程釣れて私は満足したし、12:30頃には、風も強く寒くなったので退渓致しました。

途中、鹿の角も拾いました。緑の苔が付いていて、流れてきたのだと思います。ランディングネットのグリップにするつもりでキープです。(^^;)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 20:24 | Comment(2) | 2014年釣行
この記事へのコメント
tiptopさん
こんばんは。
流石、、と言いたいところですが、ちょっと厳しい釣りが続いたようですね。
何かあるのでしょうか?
今年はスタートが遅いぶんシーズンが早く終わってしまいそうですね。
鹿の角。。。どんな感じになるのでしょうか。
楽しみにしています。
Posted by ジョニー at 2014年05月16日 23:49
「厳しい」とっ言うより・・・嫌になります!
私の想像では、2.5年間漁協は何もしないのに、釣り師が入り抜かれ、その結果人が入り難い上の方だけ残った!?

何れにしろ、あと何回か行って、那珂川にしようかと?!

Posted by tiptop at 2014年05月17日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。