2007年12月21日

ロッド修理

ロッドにカビ!

以前、紹介した「カビ・ロッド」ですが、やっと直しました。本当にカビかは不明で、車中での高温多湿でエポキシのコーティングが変質しただけかも知れません。

サンドペーパーで白濁したエポキシを削り取り、スレッドをまき直し、コーティングの仕直しです。
実は、初めてのコーティング剤を使用したため、失敗を切り返し最終的には5回もコーティングしてしまいました、幸い薄目のエポキシでしたのでそれ程厚塗りには成りませんでした。

それに、変質したコーティングをサンドペーパーで削り落とす時に地肌まで削れる事を恐れた為、多少白濁した部分が残ってしまいました。
まっ!多少の白濁は使っていれば気にならないので”良し”としました。(^_^;)
上の画像と比べれば「良し」でしょう!?

ウィンストン
そうそう、スネークガイドも何本か錆びていたのですが、此は修理が面倒なので、耐水ペーパーで磨いて終わりにしました。(^_^;)
「修理が面倒」てっ”難しい”とっ言う意味ではありません、私の性格的な問題です。(^^ゞ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 10:57 | Comment(12) | TrackBack(0) | ハンドクラフト
この記事へのコメント
TIPTOPさん すごいです
ロッド治しちゃうんですから

小生、すぐにメーカーへ帰省させちゃいますよ
Posted by SAGE愛好会 at 2007年12月21日 12:56
こんばんわ、
  
私も、DL4、763を所有しておりますが、
 
ブランクをここまでオリジナルに近く組み上げますか!凄いですね。
   
この“デカール”もまるで純正品の様ですね、
それだけ手間掛けちゃうと、もう手放せなくなりますね、
   
お見事です、次回は
濡れたままで仕舞っちゃわないようにですね。
Posted by メタボおやじ at 2007年12月22日 00:01
SAGE愛好会さん
いえいえ、フライを巻けるだけの器用さが有れば誰でも出来ますよ!
Posted by tiptop at 2007年12月22日 12:52
メタボおやじさんもDL4ですか、私のはDL4 8'#3です。
DL4は中々良いですよね、でも余り人気がなかったのですかね?もう廃盤ですね。
IM6のロッドは未だ間販売されているんですよね?
Posted by tiptop at 2007年12月22日 12:56
こんばんは。
ホントに部分的に白濁しているなんて珍しいですね。
手直し、簡単にと仰いますが、「飾り巻き」の部分もしっかり直してしまうあたりはさすがです。ヽ(´ー`)ノ

先日製作した「ラミグラス」のロッドに「飾り巻き」をしようと思ったのですが、方法が判らず断念してしまいました。Orz

しかし、皆さん高級ロッドをお持ちなんですね〜。ワタシなんかは一生持てませんよ(;´д⊂)
Posted by パグ支配人 at 2007年12月22日 17:14
パグ支配人さん、飾り巻きは簡単ですよ。
私のやり方が正しいかは知りませんが、巻き初めと巻き終わりの・・・何て言うのかな〜っ?交差する場所というか?に瞬間接着剤を一滴楊枝で垂らせばOKです。
瞬間接着剤が気になる様なら5分間硬化のエポキシ接着剤でもOKです。
Posted by tiptop at 2007年12月22日 22:04
これがカビ?かなりの白濁?初めてみました。
エポキシの変色なのかもしれませんね。でもキレイに修復するあたりはさすがですね。
私も色々エポキシ使ってますけど、上州屋で売っていたのいくつか持ってます。でもこれらの生地を読んでいて不安になり先日私もトップガイドを買うついででしたが、佐々野にフレックスコートライトを購入しました。親父さんは相変わらずでしたよ。
多分北海道出身ではないかと。。。
Posted by ジョニー at 2007年12月24日 00:43
ジョニーさん
TVのCMを見ていて思ったのですが、サッシのシリコンゴムにカビが生えるのですから、エポキシに生えてもおかしくないかな?何て思いました。

当たり前の事ですが、濡れたままケースに入れるのはNGですね!(^_^;)
アルミチューブは止めて、まとめて何本かを布の様なケースに入れようかと考えています。
Posted by tiptop at 2007年12月24日 22:33
白濁ロッド見事な手さばきで 修復されてますお見事

エポキシに水分を多く含むと白濁を引き起こす事が あるがたいていは乾くと元に戻るのだが なぁ〜 
不思議 
Posted by teru at 2007年12月29日 22:17
tiptopさん、おはようございます!
今年はお付き合いありがとうございました。
良いお年をお迎え下さいませ。
来年もまた懲りずにお付き合いお願い致します。

ロッドの修復はさすがですね。おいらは下手なんで
感心してしまいます。
因みにおいらはロッドケースの蓋に6箇所
3mmの穴を開け水分が出るようにしております。
無精者のおいらにゃ安上がりな管理方法?です(笑)
Posted by ぽんた at 2007年12月30日 07:03
teru さん
本当に不思議なんですよ!原因だけは分かっているので、今後は注意しようと思っています。

teru さんのblogへリンクしておきます。
Posted by tiptop at 2007年12月30日 10:16
ぽんたさん
ロドケースに穴と言うのも名案ですね!
ロッドがつぶれなければ良いのですから、此なら車に入れっぱなしでもOKですね。
来年も宜しくお願いいたします。

ここのところ、頼まれたwebの更新で忙しく、余り書き込みできません。(-_-;)
Posted by tiptop at 2007年12月30日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95750530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック