2007年10月25日

ファールドリーダーの張り2

リンシードオイルに依るファールドリーダーのハーダニングを試みて、今日で9日目ですが、良い感じに張りが出てきました。
ファールドリーダーに十分リンシードオイルをしみこませ、表面の余った油を一度簡単にティッシュで拭き取り、そのままキッチンペーパーの上で乾かし初めました。
7日目辺りから堅くなり始め、現在9日目で、かなり良い感じです。もう何日間か硬化させてからミューシュリンを塗り込んで見ようと思っています。

本来のファールドリーダーから見るとかなり堅くなりましたが、ナイロンリーダーと比べれば未だ々柔らかく良い感じです。
ファールドリーダー本来かすると少し違うのかも知れませんが、これでファールドリーダーの欠点である、ロッドに絡んだり、リーダーが絡み合う事を多少でも防げれば良いと思います。

それと、今期使用済みで既にフロータントが染み込んだファールドリーダーにも試しましたが、同じように硬化しました。

それにオイルを塗った訳ですから水分も含み難くなるかと期待しています。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 22:23 | Comment(10) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年10月17日

ファールドリーダーの張り

リンシードオイルファールドリーダーを使用して見て、私にとってはシナヤカ過ぎてどうも使い辛いと思い。(ピンポイントのキャスティングが難しい)
そこでシルクラインに使うリンシードオイルで張りを持たせたらと考えたいた処、SkyWalkerさんが既に実験中!オイルの使い方(ハーダニング)などはSkyWalkerさんのブログを参考にして下さい。
「来春まで良い」と考えていた私も・・・ブログのネタが無くなる!(^_^;) SkyWalkerさんに影響されて先ほど近くの画材店でリンシードオイルを298円/55mlで購入してきました。(^^)
リンシードオイルは油絵を扱う画材店でしたら必ず置いてある物です。

程々の張りと浮力を求めて、ミューシュリンの赤と混ぜたらどうか?他の「乾性油」と混ぜたら?とか色々考えてはいるのですが・・・

加工を施したリーダーの使用感は、残念ながら来期になると思いますがその時には又ご報告いたします。

あっ!それとリンシードオイルはランディングネットなどのオイル仕上げにも使えるそうです。

余談ですが、リンシードオイルとは「総称で亜麻仁油」と言い、工業用に精製された物が”リンシードオイル”、食用に特別な製法で作られた物を”フラックスシードオイル”と言うそうです。
従って、フラックスシードオイルでも同じ事が出来るのかな〜?と思うのですが?

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 21:25 | Comment(10) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年10月05日

フライ・フック

フックここ2シーズン程、メインのフックに”がまかつB11-B”を使用していましたが、一寸ヘビーワイヤー気味で・・・姿勢の安定、フッキングは申し分ないのですが、”流れのある”ポイントや大きなフックになると沈みやすく、補助として、特に軽く仕上げたいフライにはバリバス2110を使用していました。
バリバス2110は4X fineと言う事で軽く、重量では申し分ないのですが、軽すぎるためフライの姿勢が悪く、またショートシャンクと言う事で・・・私好みでない。

そこで2110の替わりに、久しぶりにティムコの103BLを購入。(画像左103BL、右B11-B)
画像でも分かる様にがまかつB11-Bと形状もワイヤの太さも殆ど同じでした。見た目は多少103BLが細いようですが・・・もう少し細い物を期待していたので、ちょっとガッカリ。
103BLは”Extra fine”と成っていたのですが・・・この”Extra fine”がどう言う位置づけか不明です。1Xfine、2Xfineとあるので、それよりも軽いのかと思い買ったのですが?
ちなみに、B-11Bは16番、103BLは17番です。大きさもノギスで測りましたが”B11-B=10mm”、”103BL=0.9mm”で殆ど同じです。

天秤ばかり天秤ばかりで重量も計ってみました。
”B11-B”23本:”103BL” 25本と言う結果で、気持ち”103BL”が軽いと言う結論でした。天秤ばかりで計るのは初めてなので、これがどの程度の差か不明です。
手持ちのフックで調べて見たところ、ティムコのフックは全体的に太い様な気がしました。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 13:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年09月11日

やむなく納竿

明日、神子内川へ行こうと思っていたのですが他の河川の状況を色々調べると神子内川も無理かと思い、やむなく中止としました。

神流川のライヴカメラを見ても濁流ですし、angler001さんの情報ですと鬼怒川も未だ無理と言う事で雨・・・神子内川の情報は無いのですが、早起きしてお金を掛けて行っても去年の様な結果(行って見たら濁流)ではつまらないので今期納竿としました。もうやだ〜(悲しい顔)

oldflymanさんのリーダーの使用量「1シーズン数本」と言うのに触発されて、来期はリーダーの節約に挑戦しようかと!(^_^;)
来期からはリーダーとティぺットをループ・トゥー・ループで結んでみようかと考えています。(今まではエイトノット)
これなら、今まで「1日に2〜3本」使っていたリーダーの交換頻度も減るでしょうし、ファールド・リーダーでは普通の事なので問題無いかと思うのです。

自分ではなかなか良い案だと思っているのですが!?ひらめき本当に良い案だったら既に誰かやっているかな!?

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 14:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年09月10日

ロッドにカビ!!

先日、男鹿川で使って以来(7月26日)使用していなかった、ロッドを9月4日余笹川で使おうと思い、ケースから出すと、ロッドのグリップ部分がカビだらけに成っていました。
おそらく7月26日しまう時濡れていたのでしょう!それら一ヶ月以上、濡れたままアルミケースのなかで蒸し上げられだ様です。それも車の中に入れっぱなしです。(^_^;)
布袋、グリップ、リールシートのカビは取れたのですが・・・ロッドのロゴが入った部分が画像の様に白濁してしまいました。

それが落ちないのですよ!大事なWinston DL4が・・・
様子を見てサンドペーパーで削って再コーティングしようとは思っているのですが・・・ショックです。
確かに、白いカビが一杯だったのですが、白濁するなんてっ!何故なんでしょうか?こんな事ってあるのですか?
コーティングの隙間にカビが入った??

その上、ガイドも錆びていました、確かタングステンだったと思うのですが、タングステンてっ錆びるの?

ロッドにカビ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 11:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年09月09日

ファールドリーダー使用感

ファールドリーダーを1シーズン以上使ってみましたが、その感想をまとめてみました。

良い点
1.何と言ってもシナヤカです。6ftの物でもソフトなプレゼンテーションが可能です。
2.一本で相当期間保つ。私の場合1シーズンを2〜3本で間に合いました、そのコストとしては200円〜300円です。モノフィラ・テーパーリーダーだと40〜50本使うのでかなりの節約です。
3.絡んだ時には解きやすく、モノフィラの様に痛まない。

悪い点
1.シナカな為、リーダー同士で絡んだり、ロッドに巻き付いたりします。これは結構ストレスです。
2.ファールドリーダーはフロータントなど使い、浮力を保ちますが、雨の日は水を含み沈むようになる。また、雨の日には乾く暇が無く回復不可能。
3.風に非常に弱い。一寸した風でもピンポイントのキャスティングが難しくなります。

 来期は普通のリーダーに戻すか?このままファールドリーダーを使うか迷っています。

余談ですが、私がInetで「ファールドリーダー」を検索した時、多くのサイトで「ファールドリーダーはターンオーバーし易い」と書いたサイトを見かけましたが、実際には全く正反対で同じ長さのモノフィラと比べると、遙かに「ターンオーバーし難い」と思いました。
まっ!この辺は個人の感覚ですので使用者が使って判断するより無いと思います。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年08月31日

捕らぬ狸の・・・

今期の釣りも終わりが近づき、私は来週と再来週那珂川へ釣行して納竿とする予定です。

そこで来期の予定を既に思案中です。(^^)
足尾漁協(神子内川)と渡良瀬川(両毛漁協)の年券を買い、勿論那珂川も買いますが!渡瀬制覇を狙っています!!
皆さんご存じだと思いますが神子内川は渡良瀬川の上流域の名称ですから、昼間神子内川で釣りをし、帰りがけに渡良瀬川の桐生地区でイブニングライズを狙うと言う算段です。
また、神子内川に飽きたら、渡良瀬川上流域(草木湖辺り)の支流も狙えるわけです。

両漁協の年券を購入する事で渡良瀬川を上から下まで釣れる訳で「渡良瀬川完全制覇計画」を実行したいと思っています。(^_^)b
道順も「東北道佐野ICー>国道50号ー>国道122号」と我家から一直線で距離も近くベストです!

ただ一つ欠点は渡良瀬川上流域(草木湖辺り)の情報が非常に少ないという事です。そう、それに何時那珂川へ行けるのか問題です。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 14:50 | Comment(10) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年08月19日

アセトン中毒?

アセトン何ヶ月か前にフライロッダーズでフライの乾燥用にアセトンが紹介されていました。
初めは、主成分がアセトンであるマニキュアの除光液で代用していましたが、使い続けると、これが病みつきになり、特にCDCを使ったフライには絶対に欠かせません!!
何匹釣っても一本のフライで、アセトンでバッチリ乾燥です!
初めに、簡単に水分を拭き取り、その後アセトンに数秒間浸し、アセトンを拭き落とせば完璧に乾くようです。

最近は日曜大工センターで購入した100パーセント・アセトンを使用しています。
私が調べた処、購入はサーフショップ、塗料店、日曜大工センターなどで販売されているようです。
欠点はバンブーロッドなどに使われるウレタン系塗料は溶けるような気がしました。しかし、グラスやグラファイト・ロッドでは問題ないようです。

それと気になる事が!私はヘッドセメントに水溶性の物を使っているので問題ないのですが・・・多くの方が使われている油性の物は”ヘッドセメントが溶ける?”何て事は無いのでしょうかね??
ちなみに、私は昔机の上に油性のヘッドセメントを溢し酷い目にあって以来、水溶性オンリーです。(^_^;)

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 13:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年07月03日

ファールドリーダー

今までファールドリーダーはグデブロッドの8/0で作りましたが、ユニスレッド8/0の”白っぽい糸”に張りがあるのに気付き、ユニスレッド8/0で作った物を小百川で試しました。
結論は、多少張りがあると感じられるユニスレッドでも実際に使ってみると使用感は殆ど変わりなく、かえって、使用中切れてしまい、弱い様な気がしました。
しかし、グデブロッドの8/0(100ヤード)で6.5ftのリーダーを作ると1個で2本作れるのですが、ユニスレッド(200ヤード)では1個で4本作れるのです。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 11:31 | Comment(9) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2007年06月18日

川の水を飲む

濾過器何時ぞやの釣行で、ストロー式濾過器で水を飲む場合に口が痛くて大量に飲めなかったので。今度はマヨネーズ容器の様な物を購入しました。
品名を「スーパーデリオス」と言う物で、0.1ミクロンの精度で濾過できるという物で、説明書によると「大腸菌、コレラ菌、サルモネラ菌、クリプトスポルジウム、エキノコックス、ジアルジア、カビ、濁り」も取り除けるそうです。価格も2,280円と手頃でした。
これですと容器に水を入れて、ビニールの部分を押せば水が出てくるので、ペットボトルに貯めて飲めばOKです!
勿論、ベストのポケットには入りませんが、私の場合上流部まで行く時にはヒップバックも持って行くので問題有りません。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

posted by tiptop at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フライフィッシング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。